垂水駅前法律事務所

【離婚】離婚後の年金分割の請求期限

離婚後の年金分割の請求期限について

 

弊所では離婚に関する相談がとても多く、受任中の離婚事件が常に複数存在しています。
最近、熟年離婚と呼ばれる、長年連れ添われたご夫婦の離婚が増えています。
夫(妻)との離婚が成立した後に、夫(妻)に年金分割を求めたいという相談も増えています。

 

■まずは夫(妻)と離婚してから、夫(妻)に年金分割を求めたい。

■離婚当時はとにかく離婚さえできれば良いと思っていたが、離婚後によく考えてみた結果、あらためて夫(妻)に年金分割を請求したい。

 

このようなケースでご注意いただきたいことがあります。
それは、離婚成立日の翌日から2 年が経過すれば、年金分割ができなくなるということです(厚生年金保険法第78条の2第1項、同法施行規則第78条の3第1項)。

 

そこで、夫(妻)との年金分割の話し合いが長期化しそうなときには、離婚成立日の翌日から2年以内に必ず調停や審判を申し立てるようにしてください

年金分割を求める調停や審判を申し立てておけば、離婚成立日から2年以上経過しても、年金分割の手続を取ることができます(調停が成立し、または、審判が確定した日の翌日から1か月以内に、年金事務所等で年金分割の手続をお取りいただくことになります。同法施行規則第78条の3第2項)。

 

年金分割に関するご相談の時には、年金事務所でお取りいただいた「年金分割のための情報通知書」をお持ちいただければ大変助かります。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

垂水駅前法律事務所 弁護士 松岡英和


戻る