垂水駅前法律事務所

残業代請求・退職代行・労災

労働者の権利擁護ブラック企業からの保護

 

残業代請求、給料未払い、未払い賃金、退職金、退職代行、退職サポート、ブラック企業、セクハラ、パワハラ、退職強要、不当解雇、懲戒処分、有休消化、労災申請、労災隠し、うつ病、休業補償、傷病手当金、労働問題、労働審判、労働基準監督署、労基署、内容証明郵便、告訴、告発)

よくあるお悩み

  • いくら残業しても決まった金額の残業代しか出ません。(定額残業代制・固定残業代制)
  • 3ヶ月前に辞めた会社の残業代をいまから請求できますか。
  • トラック運転手をしていますが、荷待ち(荷物の積み込み、降ろし)時間を休憩扱いにされています。
  • 職場の上司から性的な言動を受けていて困っています。
  • 上司からことあるごとにきつく言われてます。
  • 会社側から退職を強く勧められています。
  • なるべく早く辞めたいのに退職届を受け付けてもらえません。
  • 不当な懲戒処分を受けました。
  • 会社が労災の申請に協力してくれません。
  • 労働基準監督署に労災を申請しましたが、認めてもらえませんでした。

弁護士にたのむメリット

良い結果を保証するものではありませんので、ご注意ください。

  • 弁護士をつけることで、相手方の対応があらたまる可能性があります。
  • 証拠の集め方など、長年の経験に基づくアドバイスが受けられます。
  • 未払い残業代の金額の計算をおまかせいただけます
  • 会社に対する未払い金の請求手続き(内容証明郵便、労働審判ほか)もおまかせいただけます。
  • 相手方企業の財産の差押にも、もちろん対応しています。
  • 勤務先が労災申請に非協力的な場合や、労災申請が認められなかった場合の対応も可能です。

弁護士が担当すること

  • 内容証明郵便/公正証書作成
    労働問題の解決に効果的な書類を作成します。
  • 協議・示談
    裁判所を介さずに相手方と話し合います。
  • 調停
    裁判所で相手方と話し合います。
  • 労働審判
    労働者側から裁判所に速やかな(期日3回以内)解決手続を申請します。
  • 訴訟
    裁判所に最終的な判断を仰ぎます。
  • 強制執行
    すでに公正証書や判決正本をお持ちなら、裁判所に相手方財産の差押を申請します。
  • 労災申請
    勤務先との交渉、証拠の収集、労災の申請、労災が認められなかった場合の不服申立などを行います。

相談は予約制となっております。電話・お問合せフォームでご予約ください。